/>

さまさまや☆ブログ

食べること、旅行、読書、山登り、ワンコ大好き母さんの雑記ブログです♪日々の気になること、思ったことを気が向くままに綴っています。

あしたは七夕、星に願いを☆「おこだでませんように」

大人は子どもの心を忘れてしまうのか⁈

f:id:samasamaya:20190705061911j:plain

 明日は、「七夕」ですね~

年に一度、織姫と彦星が天の川で出会える。

(たしか、こんな感じでしたよね・・・)

 

笹にどんな願いを書こうかなぁ~

ポッコリ下っ腹が、一瞬でなくなりますように・・・

(ビールをやめたらいいと、天からの声が聞こえてきそうです)

 

ドラえもんが、我が家に来てくれますように・・・

(もはや日々のごたごたは、ドラえもんに解決してほしいです)

 

転職先が見つかりますように・・・

(やっぱりこれが一番、切実な願いです)

 

欲深く、願いたいことばかりです。

そんな大人の強欲はさておき、

先日、こんな素敵な絵本に出会いましたよ♪

 

タイトル:おこだでませんように

著者名:くすのきしげのり さん

 

なんとも言えないタイトルと、その表紙の絵に引き込まれたのが

「おこだでませんように」でした。

 

おこだでませんように

おこだでませんように

 

おこだで?

何それ?

食べ物の名前かなぁ?

(食いしん坊の私は、いつでもこんな発想です・・・)

 

情けないです。はい。

 

主人公の少年が、自分はいつもおこられて

ばっかりだとつぶやきます。

 

その「つぶやき」が私の心をチクリとさせました。

 

そう、私も子どもたちを怒ってばかりいたように思います。

2歳ぐらいから小学生の低学年までは、

毎日、毎日、毎日、毎日、毎日、

伝えることが、つい命令口調になっていました。

 

子どもたちにとっては

「母さん=いつも怒っている」

の図式が成り立っていたのでは、と思います。

(今でも時々、発動しますけどね)

 

この本からは、子どもの気持ち、

口には出せない、もどかしい思いが

ひしひしと伝わってきます。

  

もう、読みながら涙うるうるです。

 あとがきも素敵なので、ぜひぜひ、最後まで読んでくれたらいいなぁ。

 

そして、みんなの願いが叶うといいなぁ。

では、また!