/>

さまさまや☆ブログ

食べること、旅行、読書、山登り、ワンコ大好き母さんの雑記ブログです♪日々の気になること、思ったことを気が向くままに綴っています。

【白山登山③】暗がりの山荘は、油断大敵(*_*;

ご来光のためなら、早起きもできる!

 

f:id:samasamaya:20190923235255j:plain

朝日、いわゆる「ご来光」を拝むために、

早朝に山荘を出発することになりました。

山荘は、夜8時には完全消灯となります。

当然、真っ暗で電気は使えません。

もし夜中にトイレに行こうとするなら

持参したライトで足元を

照らしながらトイレに向かい、

真っ暗のトイレに入って・・・

 

あーーーーーーー、怖すぎます(-_-;)

 

母さんは、夜中にトイレに

行かない人なのですが、

想像するだけで

何か、幽霊的なものに出合いそうです。

 

そんな状況で、4時起床、

4時半には出発の予定でした。

 

なかなか寝付けず、

1時間ほどで目が覚め、

そして3時には、出発する人の

気配で目が覚め、

全く熟睡できないまま、

4時になりました(*_*;

 

真っ暗の部屋から、

そーーーーーーーーーっと、

荷物を全て持って出ます。

寝ている人の迷惑にならないよう、

できるだけ音をたてないように・・・

リュックにつけた「クマよけ」の

鈴を押さえながら、

静かに、静かに・・・

 

そしてライトで照らしながら、

トイレへ行き、

洗面所で顔を洗って、

身支度をします。

 

ここから1時間ほど登ることになるので、

ゼリー飲料を飲んで

エネルギーを補給します。

暗がりの中、親子で

ガサガサ、ゴソゴソ・・・

 

さて、歯を磨いて、

コンタクトレンズを装用しようと

ライトで照らしながら洗面所へ

向かいました。

 

ヘッドライトで顔を照らしながら、

慣れない場所で

慣れない作業をすることは

なかなか至難の業でした。

 

普段はハードレンズを装用していますが、

落とすリスクを考え、

(過去に旅の途中で紛失したことアリ・・・)

このような時には

使い捨てのソフトレンズを装用しています。

普段のハードレンズのサイズと違うので、

(ソフトレンズの方が大きいです)

思うようにレンズが装用できず、

しかも暗がりなので

装用できたのかどうかも

よく分かりません(+_+)

 

ライトで顔を照らし、

目を指で上下に大きく

引っ張りながらレンズを

装着する自分の顔に

一瞬、

恐怖を感じました・・・

スーパースポーツゼビオ

 

目の前の鏡に映る

自分こそが

まさに

心霊現象だ(゜.゜)

怖いわぁ~・・・ 

 

気を取り直して、

ソフトレンズを装用します。

右・・・左・・・・・

よし、なんとか完了!

 

さて、荷物をまとめて、

と思ったものの

なんだか違和感が・・・

 

コンタクトレンズを装用したはずが、

なんだか「ぼんやり」しています。

 

おかしい・・・

 

もう一度、よくよく見て

みると

右目のソフトコンタクトが

なくなっている(*_*;

えーーーーーっ⁈

どこへ行ったの??

母さんの右目(のレンズ)はーーーっ・・・

(心の叫びです)

 

またもや、ライトで照らしながら、

 目を指で上下に大きく

引っ張りながらレンズを探しましたが

結局、右のレンズは見つけることが

できませんでした。

 

仕方なく予備の

レンズを装用しました。

 

はぁーーーっ、

予備があって

良かった・・・

これもまた、教訓です(^^;

では、また!