/>

さまさまや☆ブログ

食べること、旅行、読書、山登り、ワンコ大好き母さんの雑記ブログです♪日々の気になること、思ったことを気が向くままに綴っています。

駐車場で迷子になった母さん(°_°)

駐車場から出たはずですが、、(^^;

f:id:samasamaya:20191108061501j:plain

友人が総合病院に入院したと聞き、
お見舞いに行ってきました。
数日で退院するとは聞いていましたが、
手術をすると知りとても心配です(*_*;
 
手術前、きっと不安な顔で病室に
ひとりでいると思うと、
できるだけ早く行って、
顔が見たいと思いました。
 
仕事が終わって、急いで夕食の準備を
済ませ、車で病院へ向かいました。
教えられた病棟へ向かい、
病室へ向かう途中の談話スペースで
彼女を見つけました。
 
テレビがあり、他の患者さんも
いましたが、
彼女はポツンと座っていました。
テレビを見ているようで、
どこかぼんやりとしていました。
 
母さんを見つけ、とてもビックリしていました。
そして、にっこり笑顔を見せてくれました。
 
母さんも、その笑顔を見て
ホッとしたのですが、
母さんが隣のイスに座った途端、
手で顔を覆い、黙ってしまいました。
 
彼女の手のすき間から
ぽたぽたと涙が落ちてきました。
 
覚悟をして入院はしたものの
どんなに心細い思いで、
ここに座っていたのでしょう。
彼女の姿を見て
母さんも泣けてきました。
胸がしめつけられるようでした。
 
こんな時、なんて声をかけたら
いんでしょう。
頭で考えるけれど、言葉が見つからず
無言で彼女の肩をさすっていると
一言、
 
「ずっと、泣くのを我慢していた」と。
 
さっき、手術の担当医から言われたこと、
術後の状況によっては、もう一度
手術をすること、
家で待っている子どもたちのこと、
会社を長く休むこと、
いろんな不安を話してくれました。
 
母さん、聞いてあげることしかできませんでしたが、
彼女の不安を聞くことで、
少しでも気持ちが落ち着けばいいなぁと。
途中、別の友人も来て、
いつも通りの彼女と
「退院したら・・・」なんて言いながら
いつものようにおしゃべりしました。
 
帰り際、
「泣いてスッキリした('ω')」
と言って
見送ってくれた彼女を見て
私もちょっぴり安心しました('ω')
 
そんな安心もつかの間、病院の外へ出ると
20時をすぎた広い駐車場は暗くて、
ポツンと母さんの車が停まっていました。
しかも寒いっ(*_*;
 
駐車場のゲートを出て、
さぁ、帰ろうと進んでいくと
またゲートが・・・
 
えっ、たった今、ゲートを出たのに
また、ゲートを通るの??
いやいや、駐車券をさっきのゲートの
機械に入れたから
もう駐車券は無いし、
ゲートを通ることってできるの??
えっ、母さんはどこに今いるんだ?
 
暗い駐車場で母さんひとりで
焦っています( ゚Д゚)
 
目の前には入り口のゲートが、
後ろには、今出てきたゲート・・・
はて??
 
ゆっくりとまわりを見わたすと
母さん、道を間違えていました(^^;
 
ゲートを出て曲がるべきところを
まっすぐ進み、
病院の職員駐車場の入り口ゲートに
いたようです・・・
 
誰もいない駐車場であたふたし、
そーーっと、車をバックさせ
無事、駐車場から脱出(?)できたのでした。
夜の広い駐車場で迷子になったのは
この母さんでした(-_-;)
 
はやく彼女が元気になりますように。
では、また!